勤務中に怪我をした場合はどうなるの?補償の有無を確認しよう!

就業規約と労働災害の認定について

労働災害は仕事の従事者が勤務中の事故によって怪我などの不利益を被ることを指します。一般には労災と略される他、広い意味では拘束時間に含まれる休憩や出退勤時の事故も含まれます。労働災害は雇用主の側に発生を防ぐ義務があるので、万が一の事故に巻き込まれて怪我を負った場合は一切の責任は雇用主の側にあるとされるのが普通です。また、雇用主は労働災害に対する補償を成立させるために労災保険への加入が義務付けられているので、労働災害に見舞われた場合、雇用形態や勤務日数に関係無く補償を受けることが出来ます。労働災害の定義については拘束時間中に起きた事故による怪我などの不具合を指すのが一般的ですが、禁止されている行為をわざと行うなど被害者の側に明らかな非がある場合には労働災害と認定されません。

労災保険に関するトラブルと対処の方法

労働災害への補償に不可欠である労災保険は業種や雇用形態に関係無く、雇用主は加入する義務があります。しかし、稀に保険に未加入の雇用主も存在するので、そのような所で事故に見舞われると金銭の補償を受けることが出来ません。また、労災保険に加入している場合であっても様々な理由で労働災害を認めないケースがあります。労働災害への補償が受けられない場合は労働基準監督署に申告するのが適切な対処法です。雇用主が労働災害を認めないために補償が受けられないことを文書にまとめて申告することで、労働基準監督署からの改善指導を受けることが可能になります。労災保険に未加入な雇用主だった場合でも強制的に保険料を支払わせる形になるので、怪我を負った人は金銭面で損失を被る心配がありません。