制服は支給される?服装について確認しよう!

求人情報に「制服貸与」と書いてあるか?

工場で働く際は、作業服のように指定された制服を着用することが一般的です。製造業や食品工場など仕事内容によっても制服は異なりますが、いずれにしても工場での作業がしやすいように工夫されたデザインとなっています。例えば製造工場では、上下に分かれた作業服やつなぎを着ることが多く、加えて帽子の着用が義務づけられることもあります。制服が支給される工場であれば、自分で作業服を用意する必要がないので、大きなメリットともいえるでしょう。では、制服が支給されるかどうかは、どうやって判断したらよいのでしょうか。それは、求人情報の待遇欄で確認できます。求人情報に「制服貸与」と書かれているなら、制服が支給されるということです。

工場勤務の服装のルール

工場勤務では、制服の着用以外にもさまざまなルールがあります。各工場によって服装のルールは多少異なりますが、主なものを紹介します。多くの工場では、時計やアクセサリーの着用が禁止されています。作業の妨げになる可能性があるからです。特に食品工場では、衛生管理を徹底していますので、香水の使用が禁止されていたり、爪を短くきれいに整えるように指示されていたりもします。制服と一緒に作業靴が支給される工場もありますが、靴の規定がない場合は動きやすくて履きやすいものを選びましょう。サンダルや革靴などは、おすすめしません。また、作業靴のかかとを踏んで歩くことも、事故やケガの原因になる恐れがありますので注意しましょう。