通い易さは大丈夫?利用する交通機関や通勤時間帯の確認も忘れずに!

工場は郊外にあることが多い

工場で長く働こうとする場合、通いやすさはかなり重要なポイントになってきます。大きな工場は駅の近くにあることはほとんどなく、大抵は土地の値段が安い郊外に建っているものです。そうなると、電車やバスなどの交通機関を乗り継いで通勤することになるので、自宅からどのような経路をたどれば工場に着くのかきちんと確認するようにしましょう。
一般的に、工場のウェブサイトにはどのような交通手段でアクセスできるのかという情報が地図とともに掲載されているので、スマホの乗り換え情報アプリなどを使えば簡単にチェックすることが可能です。また、工場が自前で送迎バスを走らせていることもあるので応募するときに聞いてみるといいでしょう。

出発地と目的地を入れるとルートを表示してくれるサービス

自分の車や自転車を使って通勤するつもりという場合は、求人に応募する前に、家から工場までどれぐらいかかるのか実際に走ってみるべきです。できれば、想定している通勤時間帯と同じ時間に出発しましょう。そうすれば、道路の状況をあらかじめ確認することができるので渋滞に巻き込まれて面接に遅れてしまったとか、初出勤の日に遅刻してしまうといった失態を犯さずに済みます。
工場までの道がよくわからないという場合は、出発地と目的地を入力すると距離的に最短のルート、坂道が少ないルート、裏道を利用しないルートなど、様々なルートを提示してくれるインターネットの地図サービスを利用すると最適な通勤ルートを導き出すのに役立ちます。